カテゴリー
イベント

『いのちと元気のために、デザイン』

 一般財団法人大阪デザインセンターが主催するセミナーにおいて、当会から妙中義之理事長と上村英一専務理事が講師を務めました。

 妙中理事長からは医工連携のこれまでの振り返りと、現在の施策についてご紹介がありました。
 どのような視点が重要であるか、どの点が抜け落ちてはならないかという指摘がいくつかありました。
 研究者は患者さんに使われる機器等を作りたいという思いで研究開発しているが、それを社会実装するには企業による事業化が不可欠である点に触れられ、その上でデザインという観点を取り入れるべきであると案内されました。

 上村専務理事からは『医工連携の勘所』と題した講演がありました。

[Link] マーケットに通用する医療機器のビジネスモデル構築プロジェクト『いのちと元気のために、デザイン』プレセミナー